5月から リライムにて、カービングの講座が開講します。

今まで、一回のワークショップなら 幾回もこなしてきました。
今になり、つくづく思うのです。 

作品展をしたい。

出来れば、一人ではなく、複数で。(えっ?今頃かい?かな?)

福井や、近隣で カービングを楽しむ人を もっと増やしたい。
そして、その人達が 自力でどんどんオリジナルのものが出来るよう、
手ほどきをし、
次の機会に続くよう、作品展をしたい。


これは、日本全国でカービングを教えてらっしゃる どの先生も もうすでにしていることでしょう。

私は、まだまだスタートラインにいます。

普段は英語講師をしています。
英語講師をしてから、かれこれ8年近く。
大きくなって留学している人、
日本以外の国で英語を使って仕事している人、を育てた自負があります。
もちろん現在も継続中の生徒さん達も。

そして、カービングは ? 

私は タイに行ったことはありません。

ですが、タイの人とはコミュ二ケーションが取れます(^^)/。
英語と、かつて地元の留学生から教えてもらったタイ語で♪


カービングに関しての、自分の生徒、と言うとどちらかと言えば、

一緒に彫るお仲間さんはいても、「未だ」「育てあげてない」… 

これ!という作品を、自信を持って、作れるような、
そんな生徒を育てたい...


英語で出来てきているのだから、カービングでも、と思うようになりました。



 自分に残された時間を考えたとき、私がこれまで学んできたことすべてを
出会う人たちに全力投入することだ、と思ったのも事実。


日本人は、あまり自慢をせず、謙虚でいなさい、
何かが得意でも、それを人からお願いされるようになるまでは言わないでおきなさい、
という雰囲気が、社会全体に あるように思います。

でも、自分の能力を人に話していくこと、
自分が社会に役立つ才能はなにかな?と考えたとき、

出来るものから手をあげて、前へ進むことって 大事だと思うのです。


カービングの仕事は、目や 手が 大丈夫なら、続けていけますし、
英語でカービングすることも近い将来、実現するかもしれません。


社会に役立つ才能や、技術を育てましょう! 年齢は、関係ありませんよ。


私と これからお関わりになる方へのメッセージでした。 少し熱かったかな?あ、そうでもないですね(笑)…



講座を受けると決意してくださる方には、とことん、寄り添おうと思います(^^)←あ、のしかかる、ではありませんよ!(ちなみに、福井では「よしかかる」と言います)

ということで、長くなりましたが、お出会いを お待ちしております。



↓ハンドバッグが気に入っています…持ち手も、同じ素材で作れたらいいかもしれません。







今年は仲間を増やしたい!と思っているわたくし。 
応援のほど、よろしくお願いいたします。ぽちっとしていただければ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カービングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト