上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログは、ある一人の、カービング講師を目指す
実はすこし疲れ気味の
四十路(四捨五入したら五十路)の人間の記録である。。。





4月に、カルチャーセンターの講師をする予定であるものの、
なぁんにも案が練れてない。(餡を練るほうが、今は簡単だよぉ(泣))

福井で、カービングの講師をするっていうことは、
ともちゃん先生の講座との「のれんわけ」になるわけで、(←大げさ)

ともちゃん先生をリスペクトしている私としては、
いやー、それは無理だろう、私が講師なんてぇーーー
と思ったら、もうなぁんにも前に進めなくなってしまい
ベルカルチャーサロンのIさんにも、かっこよく待っていただいている次第です。(!?)

(いつかのブログにも書いたかな)


私は、ある晩、いてもたってもいられなくなり、
年明けすぐに、ともちゃん先生に相談?の電話。
(そうしないと、眠れない気がして)

「認定とか、なにかがあれば~」

でも、今のところ?そのようなプログラムはないので。

自分で電話したのに、一体、何をいおうか、
結論が出せず、同じことを何度も繰り返して
ともちゃん先生の時間を奪うようなかっこの電話になってしまい申し分けなかった。(いや、本当に)

今でもジレンマが続いています。

しかし...

思えば、高校時代から、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトから始まり
「教える」ことに関しては、20年以上、なんらかの形でやってきている私。
(今でも実際、英語の塾講師をしている)


それなのに、なぜ、ここで思い悩むか、というと、
『教えること』は出来ても
「技術的」なことで、生徒を取れるかっていうことです。


カービングの技術に関しては、私、ホントに、習っている人達の中でも、
最低ライン(ボトムライン?)だと思ってます...

これからもっと年をとるし、視力も衰えていきますからね。

いろいろ思い悩むなぁ。

パソコンやっている場合ではないのだろうなぁ。

タイに行くかなぁ。
でも、タイに行ったら、
象に乗ったり、
蛇を首に巻いて写真撮ったり、
衣装着て 『こっぷんかー』(タイ語でありがとう、だっけ?)
と手を合わせて写真撮ったりしそうだなぁ。
肝心なレッスン?は十分に習得しないで帰ってきちゃったりしてねぇ。


まぁ、いつか念願のタイに行けて、そんな記念撮影でも出来たら、
ここにアップしよう。(目標...そんなこと目標にするなー<自分)



スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトジレンマ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。